カラコンとサークルレンズの違い

カラコンとサークルレンズの違いを説明しています。

フチだけ?

ここで、本題です。サークルレンズとカラコンの違いですが、結構その違いって明確なんですよ。サークルレンズの場合は、基準にあるのが普通のコンタクトレンズなので、色の付け方などはものすごく控えめです。そうサークルレンズというだけあって、レンズのフチに円状に着色を施しているレンズをサークルレンズと呼ぶのです。俗にいう、カラーコンタクトはレンズの全体に着色を施しているものを指します。したがって、サークルレンズとカラコンは別ものなんですね~。

ワンデーアキュビューディファインなんかはとても有名なサークルレンズですね。ジョンソン&ジョンソンというアメリカの老舗レンズメーカーの製品なので安心して使えますね。サークルレンズの良いところは、あまり人に気づかれずに印象を変えれるところではないでしょうか。私の個人的な経験からも、それは間違いないです。

カラーコンタクトというのは、どちらかというと、普段用ではなく特別な時や、夜遊びに行くときに使うものだという意識があります。カラコンの歴史を紐解くと、雑貨として扱われていた時期にかなり一般的になりました。それ以降は、停滞もありながらですが、着実にその「ファッションアイテム」としての地位を確固たるものにしたのです。

シード アイコフレ ワンデーUV
フレッシュルック デイリーズ イルミネート